【4120】スガイ化学工業チャート分析(2017年9月20日版)

チャート分析

スポンサーリンク

Pocket

ここ数日上昇傾向にある【4120】スガイ化学工業について、チャート分析をしてみます。少しでもチャートをどのように読めば良いのか分からない方の参考にして貰えたらと思います。

まず先に言っておかなければならないのは私はプロではありませんので、プロから言わせたらそんなの当たり前だろ位にしか思われないかもしれませんが、少しでも初心者の方のお役に立てたら良いかなという事で、定期的に記事にしてみようかと思います。

投資判断はあくまでも自己責任という事だけはよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

【4120】スガイ化学工業

本日(2017年9月20日)、引け後の日足チャートを見てみたいと思います。

4120スガイ化学工業20170920

上の図が本日終値時点のチャートとなります。まず一番大事なのは移動平均線とどれ位の乖離があるかをチェックします。私の場合は短期8、中期13、長期21で移動平均線を設定しています。これはウルフ村田氏と一緒に活動している北川さんの設定と同じにしています。

【注目点1】

本日のロウソク足は上髭と下髭のある陰線です。大体髭の長さが上髭の方が微妙に長いので少し弱い感じが伺えます。ただ、本当に微妙な長さの為、上に行くのか下に行くのか迷っている感じでしょうか。そして本日のロウソク足は前日のロウソク足に被っていいます。もし明日、本日の安値より始まり値が安く始まり、陰線で終了すると、酒田手法では「陽の陰はらみ」と言い売りサインとなります。これは明日が終わってみないとわかりません。

【注目点2】

短期移動平均線と上に乖離があり、ここ最近、そこそこの出来高で急上昇してきたせいもあり調整に入った感じが読めます。

【注目点3】

RSIが70を超えており、買われすぎに昨日の段階でなっていました。本日下げてきましたが、まだまだ70あります。ちょっと相場の過熱感が否定できない状態となっています。

【注目点4】

スローストロキャスティングですが底が右斜めの線で綺麗に上昇しているのがわかります。これ凄い大切で、人によってはこの傾斜で早い段階でINしていると思われます。出来高が一番多い日より前にこの傾斜が確認できます。ここを見ていると140円台で仕込めた方もいるのではないかと思います。

それで明日以降はどうなるのか?

これ多分、明日調整し明後日上昇だと感じています。もしくは明日の前場は下げて後場に掛けて上昇も可能性あります。ま、1週間位調整ということも考えられなくはありません。ここで大切なのがどれだけ株価が下がらないでRSIの数値が低くなるかです。そしてストロキャスティングの動きも観察必要です。個人的な予想では余り下がらないような気がしています。まだ、相場が始まったばかりです。どこで仕込むかは人それぞれだと思いますが、色々な指標を見ながらトレードしてください。

自分なりに分析し株のトレードを繰り返すことにより、株価が上がるか下がるかが直感的にわかるようになってきます。

この銘柄は昨日掲載した「【4120】スガイ化学工業」の記事でもわかりますが、赤字からの黒字転換し2019年3月予想PERが今の50倍減少する予定となっています。私が聞いた事があるのは「例えばPERが50だとしたら、50年先のその企業に対して投資をしている」のと同じであるという事を聞いた事があります。

そんな理由もあり、この企業は一気に50年早まる業績回復するという事です。これ凄いことだと思います。PER100を超えるような企業もありますが、そこら辺は業界の違い等も関係するので、一概にPERだけで判断するのは良くないのですが、同じ企業のPERが1年で50も減るという予定は買い材料でしかありません。

★始めて証券口座を開設しようとしている方へ

「No.1ネット証券で始める株式投資【SBI証券】」

で始めてみませんか?

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です