楽天が携帯電話事業に参入!NTTドコモへの影響を考察!(2017年12月14日版)

チャート分析

スポンサーリンク

Pocket

とうとう楽天が3大キャリアメーカー(NTTdocomo、KDDI、SoftBank)独占市場に参入するニュースが本日の日経新聞1面に掲載されました!

この携帯電話事業ですが最近では格安なSIMフリーを提供するMVNOなるサービスもありましたが、このMVNO(格安SIM)提供事業者は意外と苦戦を強いられていました。

MVNO事業も思った以上にユーザー獲得が出来ず、3大キャリアメーカーのやりたい放題の市場だったのでしょう!実際に債務超過に陥っていた「フリーテル」を楽天が買収したことは有名なお話です。

MVNO事業は薄利な事業であり、収益を得る基盤が整っている会社でないと厳しいことは確かです。きっと総務省もここら辺に頭を抱えていたんだと思います。

今回の楽天が携帯電話事業に本格参入のニュースに関して言えば、携帯電話利用者にとっては利用料コストを抑えることに繋がる可能性が高いので朗報なのではないでしょうか?

3大キャリアメーカーから4大キャリアメーカーになるのですから、既存のメーカーにとっては脅威以外のなにものでもありません。

スポンサーリンク

楽天モバイルは何処までやってくれるか?

楽天は既に買収したフリーテルで既に「楽天モバイル」としてサービス提供していますが、今回は回線設備費に最大6,000億円を投資するということです。恐らくNTTdocomoから回線を借りながら、少しずつ自前の回線を整備していくのでしょう!

SoftBankが携帯電話事業に参入したように、楽天もインターネットサービスが充実した企業です。恐らくSoftBankと同じような成功の道を歩むことになるのではないかと感じています。

ただし、まだ本格参入調整段階なので、国から許可が出るかは別の話です。恐らく許可の方向になるとは思います。何せ総務省は国民の携帯電話利用料金を下げたいのですから。

楽天モバイルの最大のメリットは楽天ポイント

既に楽天モバイルを利用している方なら知っていると思いますが、楽天モバイルで一番メリットがあるのは楽天ポイントの存在だと思います。もし楽天のクレジットカードを利用しネットショップも楽天を頻繁に利用する人なら、楽天モバイルに乗り換える人は意外と多いのではないかと感じます。

ここら辺は顧客獲得の為に楽天がどのようにキャンペーンを行うかで変わってくるかと思いますが、楽天のサービスを多く利用する人にとってはメリットしかないような気がします。

docomoにはdポイントなるモノがありますが、多分ネットサービスとなると楽天には適わないような気がしますね。

既存3大キャリアメーカーに与える影響!

一番注目したいのはココです!契約数で観るとNTTdocomoが7536万件、KDDI(au)が4966万件、SoftBankが3910万件だそうです。

そして現状の楽天モバイルは140万件。

もし仮に3大キャリアメーカーから楽天モバイルへ移行するユーザーが増加し、今の10倍の1400万件になった時のことを考えてみましょう!

コレ結構、直近で考えるリアルな数字であるような気がします。そして楽天モバイルの利用料がどのような形態で提供されるようになるかはわかりませんが、間違いなく既存3大キャリアメーカーよりは安い価格で提供するでしょう。

すると既存3大キャリアメーカーも価格の見直しが必要となり、収益への影響は大きいのではないかと推測します。次世代通信無線規格「5G」への設備投資も今後増加していく中での楽天の参入は、ちょっとばかり厳しい情勢を強いられることになることでしょう。

MVNO事業者にも影響アリ?

今回のこのニュースですが3大キャリアメーカーへの影響も大きいですが、MVNO事業者への影響も少なからず有ると思われます。データ通信専用SIMなら影響は少なさそうですが、通話が絡むSIMに関してはMVNO事業者から楽天モバイルへ乗り換えるユーザーも少なからず出てくる可能性も秘めています!

SoftBankと楽天に関してはネットサービスがどちらかと言うと中心的な存在ではないかと感じています。通信インフラはオマケでしかない。

ここら辺が従来のNTTドコモとKDDIとの違いではないでしょうか?

3大キャリアメーカーの株価下落

本日このニュースを受けてNTTドコモ、KDDI、SoftBankの株価が下落しました。個人的に思うのは通信業が本業のNTTドコモとKDDIが一番苦戦するのではないかと感じています。因みにKDDIとSoftBankだけで日経平均をー40円分の下落だそうです。

因みに今後の株価ですが、SoftBankはそれほど影響しないのではないかな?

と勝手に思っています。特にNTTドコモが一番気になります!業績も良く配当率も良い為、ここ数年で株価が3倍近くなっています。

確かに自社株買いも毎年実施しており一株当たりの価値が高くなったのも確かです。しかし直近のチャートを見ると少し気になるところがあります!

NTTドコモの株価チャート分析!

下図が本日引け後の「9437 NTTドコモ」の株価チャートになります。因みにですが私はNTTドコモの株は過去に保有していましたが現在保有していません。だから客観的な視点で説明しようと思います。

安くなったら仕込みたい銘柄である為、一応監視しています!

NTTドコモ

21日移動平均線を大きく割ってしまった!

本日寄付きから上昇場面もあったようですが、結果は大きくマイナス。出来高を伴って大きな陰線が発生です。しかも上髭の長い陰線!

そして21日移動平均線から大きく乖離して引けてしまいました。

直近で株価が戻らないと短期では下落トレンドに転じる可能性が大きいです。

実は11月中旬からMACDが転換していた!

不思議なモノで株価は上昇していましたが、MACDは下落サインが出ていたんですね。11月最終日の高値2,907.5円を3日前にトライしようとして失敗しているのも大きいですね。

これ短期では下落トレンド入りした可能性が大きいです。

10月下旬の窓が気になる!

恐らく決算が良くて窓を開けて上昇したんでしょうか?結構大きな窓が開いています。上のチャートでは表示していませんが75日移動平均線を見ると丁度窓埋めする時期と被るような気がします。

長期では上昇トレンドかもしれませんが、短期では下落トレンドの可能性が大きい。窓埋め理論を適用すると2715円辺りまで調整しても可笑しくない状況かと思われます。

ただ悲観することは無いのでは?

楽天が携帯電話事業本格参入した時の影響は実際のところはその時にならないと分からない。あくまでもNTTドコモの株価の調整への切っ掛けにしかすぎないような気がします。

ただ気になるのはNTTドコモが本業以外でどの程度の収益が有るかにより、今後の株価が変わってくるような気がします。

NTTドコモの株を保有したい方にとっては久しぶりのチャンスなのかもしれません。

当たり前のことですが投資は自己責任でお願いします!この記事はあくまでも私見ですのでよろしくお願いいたします。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です