「人工知能(AI)」分野の時代の幕開け。まだまだこれから発展し続ける産業であること間違いなし!

雑記

スポンサーリンク

Pocket

本日の日経新聞の一面でとうとう本命の会社「ソニー」が2018年春に家庭用ロボット発売に向けての報道がありましたね。この産業は一時期少しばかり盛り上がりましたが、まだまだ世の中の環境整備が整っていませんでした。

しかし今やネットワークが当たり前の時代。「AI」の進化はネットの情報と共に進化していくことが予想される。今まではクローズした人工知能(AI)の進化であったが、これからの人工知能(AI)は無限に進化する可能性を秘めている。これはネットワーク社会が当然になった今だからこそ実現可能になっているのだ。

人とロボットの共存がきっと課題となっていくだろう!

スポンサーリンク

人工知能(AI)の進化は未知数である

今の社会環境での人工知能(AI)の進化はハッキリ言って未知数である。特定専門分野においてはそれなりの結果が出始めている。例えば将棋が例として挙げられるが、ロボット vs プロ棋士」に関して言えばロボットの勝率が高くなり始めている。それだけ人工知能(AI)が進化している証でもある。

これはウカウカしてられませんよ。人の仕事がロボットに奪われていくことが予想されるのですから。これからの時代、ロボットに出来ないことを職業にしないと収入を得ることが出来なくなるのです。あ~怖い。

自分なら人工知能(AI)を開発・保守する側の技術者を選択すると思います。もしくはエンターテイメントの世界も良いかもしれませんね。勿論、ブロガーも一つの選択肢としては良いかもしれない。今まで非常識とされていた職業が常識の職業に変わっていくのでしょう。

人は考え方を変えないと生きていけない時代が到来

よ~く考えて下さい。特に若い方。「自分が今やっている職業はロボットに置き換えることが可能ですか?」ここがポイントです。もしロボットでもできそうだと感じたら、将来の為に準備しておいた方が良いですよ。機械的に出来る仕事は基本ロボットがやるようになるでしょう。一家に一台のロボットが当たり前の時代が来ると、家事の大半をロボットがしてくれるようになる

これ良い事のように思いがちですが、人は何をすれば良いか?わからなくなってきますよ。

人の個性を活かせるような活動こそが唯一生き残れる世界がすぐそこに来ています。個人的には楽しみで仕方がないのですが逆の方もいるでしょう!

普通のサラリーマン・公務員が一番危ない職業No.1ですね

人工知能(AI)関連銘柄はこれからが本番です

きっとソニーの介入により今までより本格化するでしょうね。火曜日の株式相場がどのように反応するか?これは見物ですね。

【10月10日(火)の相場の視点】

  • ソニーの株価がどう反応するか?
  • その他のロボットを発売している企業の株価の反応
  • そして人工知能(AI)関連銘柄の株価の反応
  • ロボットに利用される部品関連銘柄の反応
  • 半導体関連銘柄の反応
  • 情報処理関連の反応

ここら辺はよく観察しておいた方が良いです。前もってここら辺の銘柄は整理しておくと良いです。既にロボット・人工知能(AI)は騒がれてきましたが、まだまだです。とてつもない大きな産業になりますので、これからが本番です。大本命の銘柄に関して言えばPER100超えても可笑しくない産業だと思っています。

100年先の業績が株価に織り込まれたとしても可笑しくない。とてつもなく未来の明るい産業であることは確かです。


国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です