株式投資にファンダメンタル分析が必要なのか?疑問を感じる時がある!!

雑記

スポンサーリンク

Pocket

株式投資を始めて20年近くになるが、経験年数は多いが初心者とほぼ知識は変わりません。ここ数週間ディトレードをしていて感じることが「ファンダメンタル分析」って必要なのか?って疑問を感じることが多々ある。
株式投資を始めた当初に読んだ本は、「億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術」というものを読み始めた。

これは世界長者番付けに名前が挙がる「バフェット氏」の投資方法が書かれた本で、基本的に長期での投資スタイルの方には是非読んでもらいたい本なのです。「ファンダメンタル分析」で銘柄選定し安い時に仕込みをするスタイルです。これが株式投資の王道だと長年思っていた。

しかし、ディトレードをしていると「ファンダメンタル分析」よりも「テクニカル分析」と「情報力」の方が大切に感じる。

スポンサーリンク

株式投資ってなんなんだろう?

最近疑問だらけである。良くテンバガー銘柄を連発で当てているとか言う投資家の方たちがいますが、配当金も出ないような銘柄が「2倍・3倍そしてテンバガーになるっておかしくないか?」って疑問を感じる。

ま、言ってみれば国会議員等の選挙と同じである。

日経平均が上昇しているにも関わらず、赤字を出さない優良企業でPBRが1倍未満の会社の株価がピクリとも動かない。

結局は有名人が選挙に立候補し当選する人気投票と同じである。

短期間で何倍の株価になった」とかいうよりも、そう仕向けている人達がいる。インターネットが普及したことにより、誰でも簡単に色々な情報を発信することができ、そして収集するすることも可能になった影響も大きいのかもしれない。人気化する銘柄はネットを通じて投資家たちに情報が発信される。自分も含め個人投資家達は有名投資家が推奨しているから株価が上昇するはずだと期待を膨らませ株を買う。

時すでに遅し。その時には高値を掴まされている。

情報をいち早くキャッチし上昇する前に仕込まないとならない

それにはネットで得る情報も大事だが、テクニカル分析で仕込みを入れている形跡を見つけることが一番良いのではないかと思う。これが難しいのですが。。。

そうすると「投資の王道である長期投資ってどうなの?」って所に行きついてしまうのだ。

悟りの世界になってしまう

なんか胡散臭い株式相場だが、プロが「売りで株価を下落させる時の快感がたまらない」という気持ちがよく分かる。上昇しすぎた株価は必ず下落する。その下落のスピードは半端ない。自分は相場を動かせるほど資金力がないからプロとは違うが、空売りした時に上手くハマり下落してくれた時の快感は凄いとしか言い様がない。

それでも株式投資の王道は長期投資とは思っている。

しかし、株価が良く動く人気銘柄でコツコツと値幅を積み上げた方が効率が良いのではないか?って胡散臭い相場では感じてしまう。ディトレードなら株を持越しせずリスクも少ない。ストップ高連荘するような銘柄は拾えないので、大きく儲けることはないかもしれないが、100万も元手があれば1日に1万位は稼げるだろう。

資金力のあるプロ達は個人投資家に期待させるようなチャートを作ってくる。悪く言えば株価操作である。分からないようにやっているだけで、どう考えても一機に上昇して下落してって言うのが何の材料もないのに発生すること自体がおかしい。オセロのようなゲームみたいなものだ。個人投資家の心理を上手く操作している。だから、中途半端にテクニカルを知っていると罠に引っ掛かる。プロ達の心理を逆に読めるようにならないと。しかもテクニカルで。

ディトレード・スイングトレード・長期トレードと色々なスタイルがあるが、一攫千金を夢見るなら、明日からストップ高連荘する銘柄を仕込めるのが一番良いはずである。これが出来るのは限られた人間だけなのかもしれない。相場を動かしている人達の情報が1日でも早く手に入れることが出来れば可能だろう。もしくは、全ての銘柄の株価・出来高・チャートからそろそろ上昇してきそうな銘柄を読めるかである。

これから株式投資を始める方へ

変なノイズを入れない方が良いかもしれません。変にネットの噂だけで銘柄選びをすると痛い目に合う確率高いです。多分、痛い思いを経験してきた方は分かっていると思うのですが、本物の情報とどうでも良い情報を間違えて捉えてしまうと痛い目に合います。そうならない為にも、正しい知識を身に付けて株式投資に臨んだ方が良いですよ。いきなり大金でやるのはやめましょう。あくまでも余裕資金で始めましょう!!

ここまで書いておいて言うのもなんですが、

株式投資って面白いですよ!!

正直、株式投資だけで生活したいです。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です