株式投資の記録を始めます

株式トレード

スポンサーリンク

Pocket

本日より株式投資の記録をしていきたいと思う。

ハンドルネーム:ももやん

Twitterでもこの名称で呟いています。呟いたときはよろしくお願いします。

ちょっとした自己紹介も兼ねて最初の記事にしたいと思う。

スポンサーリンク

株式投資を何故やっているのか?

小学生の頃だったと思う。丁度バブル絶頂の頃、テレビ番組で金持ちの家族の父親が中学生の子供に3年間分のお小遣いとして100万円を与え、それを自由に使って構わないと言う。100万円を36か月(3年間)で分割して使っても良いが、株式投資でお金を増やし増やした分をお小遣いとして使っても良いという。そんな特集を見たことがあった。正直、子供ながら「大人になってお金が工面できたら必ず株式投資をする」と思った瞬間である。

株式投資を開始時期

25歳の頃より株式投資を開始。投資歴は長いがトレード経験に関しては十分な経験を積んでいない。株式投資を始める時、バフェット氏の著書を読み、株式投資とは長期投資が基本なんだと思い込んでいた。

株式投資を始めた頃は丁度ネットバブルの頃である。Yahooの株が1億円になったニュースがひっきりなしやっていた時代だったと記憶している。この頃、丁度ネットでの株式売買が可能になった頃である。ネット取引でも1回の取引に2,000円位掛かっていたような記憶がある。今の環境がいかに恵まれていることか。

初めて購入した株は今でも忘れない

「パルコ(PARCO)」である。

資金は50万。四季報を買ってきて調べまくり50万で購入できる株で成長性が期待できる企業を調べまくった。ネット証券のスクリーニング機能も利用して探しに探して辿り着いた株である。この時、候補が何社かあったのだが、全ての株が今ではその時よりも断然と高くなっている。長期投資凄しである。中にはテンバガー銘柄もある。

しかし、この購入した「パルコ」。なかなか株価が動かなかった。

5年位持ち続けていたような気がする。毎年、配当金と株主優待のパルコカードが届いていた記憶が・・・。

株価が動き出し800円になった時に売却した。この株はもっと長く持っていれば1,800円まで上がったと記憶している。(現在1,200円位)

ここからアベノミクスになるまで数回程度、投資先を変更したが儲けは殆ど出せなかった。唯一の儲けは配当金位のものであろう。

アベノミクスの到来

なんか知らんが世の中がアベノミクスで盛り上がり始めた。この頃はNTTドコモの株を所有しており配当金が良かったので持ち続けていたが、NTTドコモの株が上昇を始めたので売却。この時もあと1年持ち続けていたら全然儲けが違っていた。売却タイミングが下手糞らしい。

株を一通り売却し現金化して、本格的にトレードって奴をやってみようと試みることにした。今までは基本長期投資。そうではなくもう少し効率良く儲けられないか色々調べた。

投資歴は長いがトレード経験不足と完全にネット上の正確な情報収集の仕方が分かっていなかった。とある某有名掲示板銘柄が推奨している銘柄に手を出してしまった。一時は良かったのだが、完全にロスカットに失敗。

この時、かなりの損失を出してしまった。

完全にネット情報便りの銘柄選択、トレード経験不足が露骨に自分を泥沼に足を突っ込んだ状態にしてしまった。

そこからは完全に何をやっても上手くいかず、どうすれば株式投資で儲けられるのかが分からない。初心に戻って長期トレードという選択もあったのだが、そうではなく売買を繰り返して利益を出せるようにしたかった。2年位「プラスマイナス0」の投資生活。

しかしようやく昨年後半頃より、日経レバのみを手掛けるようになり少しながらプラスになる投資の仕方が理解できるようになってきた。テクニカル的な事も日経レバで学んだ気がする。

そして今の投資スタイルがある

 

「Twitter」投資法と言うべきなのか分からないが、先月よりTwitterを始めたのだが、まさか「ウルフ村田さん」が情報を流しているとは知らなかった。ま、いきなりアンジェスを買ってしまいドツボにハマったが、ここでの情報が上手く利用すれば短期で儲けることが可能な情報がわんさかある。

今、新しく自分の投資スタイルが進化しようとしている。

可能なら専業でやりたいと思っている自分がいる。

ディトレーダーたち程ではないが、何となくディでやろうとスイングしようと勝率が良くなってきている自分がいる。

そろそろ本気で勝負したい。

そして憶トレーダーに早くなりたいと思っている自分がいる。

こんな私ですが、どうぞ暖かく見守ってください。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です